ごあいさつ

こんにちは。EARTH HEALINGの川合深禮(かわいみれい)です。

『神代の言の葉カード』という日本の神々からのメッセージカードを使ってカードリーディングを行っています。『神代の言の葉カード』では「川合絵津子」という名前でガイドブックを書かせていただきました。

早稲田大学第一文学部英文学専修を卒業し、2005年にEARTH HEALINGを立ち上げてヴォイスヒーラーとしての活動を開始しました。

ヴォイスヒーリングのそもそものきっかけとなった声との出会いは故渡邊満喜子氏のセッションを受けたことではないかと思います。しかし実際にその始まりはセドナへの旅行でヒーリングをしていたときのことでした。ヒーリングをしていると突然「声が始まった」という経験をしたのです。その後ヒーリングをするときには、いつも声が自然と出てくるようになり、その浄化の力を借りてヒーリングセッションを行うようになりました。

また、平行してリーディングセッションも行うようになりました。

ヒーリングもリーディングも心身の浄化が大切であるため、出会いに導かれて山での滝行、断食、山行などを定期的に行う生活になりました。その時深く学びたいと思ったのが神道でした。もっと深く日本的霊性を学び、身につけたいとの思いから、國學院大學神道文化学部に学士入学し、神職資格を取得しました。

その間、ヴォイスヒーリングライブを行ったり、セルフヒーリングのための倍音ワークショップを行ったり、また「すぴこん(当時)」に出店するなど幅広く活動していました。

そもそも、幼い頃から感覚が開いており、様々な体験をしてきました。しかし、思春期にはいったんその感覚は自ら封印したのですが、1998年ころ、危機的状況に直面したのをきっかけにその感覚が開いてゆきました。ヒーラーとしての能力に気づいたのはその頃からです。その後、国内のヒーラーに指導を受け、ヒーリングの能力を高めてゆきました。

2003年には日本の南西諸島に住むシャーマン達との出会いがあり、私自身もシャーマンとして神棚をたて、人助けをする身であるということを告げられていました。またセドナやシャスタでもそのように告げられていました。(このあたりのことはブログの「昔の話シリーズ」に書いています。よろしければご覧ください)

國學院大學卒業後は執筆活動を中心にしてゆこうとの思いからいったん活動を休止していましたが、2011年の震災をきっかけに、何か自分にもできることがあるのではないか、と思い活動を再開したのです。奇しくも『神代の言の葉カード』のお仕事のお話しをいただいたのは、震災の直前からだったと思います。

自然も人も社会現象も全ては一つにつながっている、との感覚があり、一人一人が魂の純粋なエネルギーにつながって生きてゆくことが地球のエネルギー状態をよき方向へと導く、と私は思っています。

私ども一人一人が魂と心と体が調和した状態でいること。そのことがとても大切であると思うのです。そうすれば、地球も人も、愛と調和の方向に進んでゆけるのではないか、と思っています。わたし自身も丁寧に地に足をつけて毎日の暮らしを大切にしてゆきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

著書

『神代の言の葉カード』ガイドブック

『オーラを磨く宇宙の法則』(八幡書店)

戻る